相談中
仕事をしている医者
ピックアップ
悩む男性

種類には

心に関する資格は、心理カウンセラーだけではありません。精神保健福祉士や認定心理士、心理相談などカウンセラーとしても種類が豊富になります。まずは、タイプと違いを知って今後の活動に役立てていきます。

メモする女性

向いている

心理カウンセラーになるには、最初に自身の人格を把握しておく必要があります。例えば、人の話を聞くことに対して苦に感じない人、相談に乗るのが好きな人は心理カウンセラーになる傾向が非常に強いと言えます。

女性の講師

活躍できる場所

一口に心理カウンセラーと言っても、仕事で活躍している人のタイプは三種類と言われています。大学で学んだ経験を資格取得に役立て、専門家へと活躍の場を広げる人もいれば、人事や看護師、福祉施設で活躍する人など様々です。

人の役に立てる
若い医師

心理カウンセラーになるには、講座の受講や、独学で知識を蓄えることができます。
しかし、認定資格を取得しなくても心理カウンセラーとして活躍することは問題ありませんが、スクールを中心に活躍する心理カウンセラーになるには、臨床心理士としての資格が必要になります。
どちらにせよ、一般的な心理カウンセラーであれば、特別な資格を必要としない為、目指そうと思えば誰でもカウンセラーになることができます。
仕事上で必要なのは、基礎です。学ぶ意欲や、計画性、それを実行する能力を身につけることで、立派なカウンセラーになることができます。
方法としてまず、公務員採用試験の枠にある心理職の試験を受ける方法があります。
公的な施設のみならず、国家公務員の心理カウンセラーや民間企業を中心に仕事の幅を増やしていきます。
近年は、児童相談所などデリケートな部分でも、心理カウンセラーは必要とされています。
このように、施設を中心に活躍をする場合は、国家公務員の資格が必要不可欠になります。
しかし、いきなり公務員の試験が難しい場合は早い段階で大学の心理学部に入学するといった場合もあります。
その時は、一般企業で就職をし、一般常識を見に付けた後国家公務員の試験を受ける人も珍しくありません。

ポイントは、カウンセラーの経験者との繋がりを大切にすることです。
就職しても尚、学ぶ姿勢を忘れずに学会や心理カウンセラーに必要な講習を受けることを忘れてはいけないのです。
諦めずに活動を続けることが出来れば、自然と心理カウンセラーとしての道を開くことができます。
自宅で簡単に心理カウンセラーの知識が身につく資格取得講座は、資料請求も行っています。
値段も内容で変動があり、プロの心理カウンセラーになる場合は少し高めのプランが向いています。
終了後のサポートもしっかりしていることもあって、受講者からも評判が大変良いです。
通学が無理な人、あるいは時間が作れない人に大変適した方法となっています。
上記のように、心理カウンセラーになる為には様々な方法が用意されています。
自身がどこを目指しているのかを明確にしていき、それに合った方法でカウンセラーとしての夢を切り開いていきます。

悩む男性

種類には

メモする女性

向いている

女性の講師

活躍できる場所